スポンサーサイト

  • 2017.12.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ぱいんとの出会い

    • 2010.12.31 Friday
    • 11:53
    今年最後の記事は、ぱいんとの出会いを綴ろうと思います。
    ぱいんがウチに来た最初の1週間の写真とともにカメラ
    長くなりますが、お付き合いいただければと思いますラブ


    ぱいんは、とある公園で一人ぼっちでみぃみぃ泣いていたところを保護主様に見つけてもらいました。
    まだまだ残暑厳しい時期でした。


    ウチに来た翌日のぱいん。ちっちゃかった猫5


    ぱいんままはずっとずっと猫が飼いたかったのですが、なかなか飼えずにいました。
    そんなある日、パンダさんパンダ
    「車車が欲しい」
    と言い出しました。
    駅も近いし、スーパーも近いし。
    車の必要性をまったく感じていなかったため、いらないでしょ、とあしらっていたのですが、ふと思いつき、

    「猫猫5飼っていいなら、車車買ってもいいよ」
    「よ、よし、わかった、じゃあ、そういうことで汗
    交渉成立ですキラキラ


    やる気まんまんなぱいん。


    とりあえず、家のすぐ近くのペットショップへ猫を見に猫5
    かわいい子猫はたくさんいましたが、好みのスコティッシュがいたので毎日通っていました。
    でも、ちょうどその頃、旅行の予定もあり、また、気になっていたこともあったので、ただひたすら毎日、ガラス越しの対面を続けていました。
    気になっていたのは、
    「このスコティッシュはとてもかわいいから、きっと飼い主が見つかる。
    ウチに迎えるべきなのは、もっと、違う子なんじゃないかな?」

    ということ。
    昔から、なんとなく、猫を飼うときは保健所に行こうと思っていたのです。
    そして、旅行に行く前に、そのスコティッシュに新しい家族が見つかったこともあり、やっぱり、ペットショップ以外で探そう、と決意しました。


    ウチに来て3日目のぱいん。すっかり我が家家


    でも、保健所、とは言っても、どこに連絡をすればよいのやら?
    よくわからないのでネットで調べることにパソコン
    そうしたら、里親募集サイトというものがあることを知りました。
    そして、そこでいろんな猫ちゃんを見ました。
    あまりの多さにびっくりしたものです。


    何かいいものを見つけたのかな?


    そして、次はパンダさんパンダの説得です。
    なにしろ始めて動物を飼うパンダさんパンダ
    捨て猫や野良猫は病気を持っていたりしないだろうか、
    慣れないのではないか、など、もっともな疑問をぶつけてきます。
    そこで、ちゃんと血液検査等をしてくださっている保護主さんのところのにゃんこを探す、
    離乳していて、トイレもちゃんとできるにゃんこを探す、
    でも、早くウチに馴染んでくれるように、子猫ちゃんを探す、
    そして、マンションの規約上、1匹でもOKな子を探す、ということにしました。


    興味しんしん電球


    勇気を出してまず1件目の保護主さんに連絡を取りましたが、もう決まっていて・・・
    2件目の保護主さんには、できれば姉妹2匹一緒に、というごもっともリクエストがあったりで、なかなかすんなりとは行きませんでした。
    ぱいんままも毎日ずーっとネットパソコンに釘付けです。

    そうしたら、複数の子猫ちゃんを保護している方を見つけたのです。
    まあまあ家も近いし家
    こちらなら、この子、と決め打ちして申込むのではなく、
    とりあえずお見合いさせていただくこともできるのではないか、
    パンダさんパンダも、複数の猫猫5と触れ合ってみたら、
    少しは猫というものを知ることができるのではないかと考えました。
    そして、もし、縁のある子と出会えれば、譲っていただこうとお見合いを申し込みました。


    おもちゃを見つめるぱいん猫3


    その当時、ぱいんの保護主様のところには、確か16匹ほどの猫たちが。
    子猫のシーズンでもあったので、おちびちゃんもたくさん猫5

    パンダさんパンダは、初めてとは思えないほどのねこじゃらしさばきで、家中の元気なにゃんこを大興奮させ、猫嵐を巻き起こしていました汗
    小一時間ほどして、さて、そろそろ・・・という頃、
    パンダさんパンダと相談して決めたのは、
    ちっちゃくて、ちょっとトロくて、パンダさんパンダの巻き起こした猫嵐の中に入ろうとしては、お兄ちゃんお姉ちゃん猫たちに弾き飛ばされ気味だった女の子。
    のんびりしたおしとやかな女の子に育つかな、と思い、その子を譲っていただくことにしました。

    ま、おしとやかな子には育ちませんでしたけどね汗


    ちびの頃のお気に入りおもちゃドキドキ小


    名前は、もう、「ぱいん」と決まっていたので、
    保護主様にキャリーをお借りして連れて帰る時から、
    「ぱいんちゃん、新しいおうちに帰りますよぉドキドキ小
    と呼びかけていましたにっこり

    ぱいんの「名前の由来」はコチラの記事をご覧ください↓
    http://pet.benesse.ne.jp/web/9802/archive/5/0


    ぱいんは、保護主様のお宅を出てすぐに、ちょっぴり吐いてしまいドクロ
    ぱいんままはおろおろしてしまいましたがショック
    とにかく早く家に帰ろう家ということで、タクシーを探しながら歩くものの、なかなかつかまらずショック
    それでもなんとか家に到着家
    その後も猫風邪をひいたり、避妊手術をしたり、といろいろと心配ごとはありましたが、元気にキラキラかわいくドキドキ大おてんばに泣く今に至る、というわけですにっこり


    パンダさんパンダのお腹の上で得意げなぱいん音符


    長々と綴りましたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。

    みなさんもそれぞれにいろんな愛猫との出会いがあったかと思います。
    そして、この一年にもいろんな素敵な思い出があったことでしょう。
    来年はもっともっと素晴らしい思い出ができますようにまる


    すっかりおてんば娘汗


    このブログを始めてからひと月ちょっと。
    ご覧いただきましてどうもありがとうございました。
    来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


    ウチに来てちょうど1週間のぱいん。
    昔も今も、かわいくてしかたがありませんハート矢


    みなさまと猫にゃんにたくさんの幸せが訪れますようにキラキラ
    それから・・・1匹でも多くの猫たちが、寒いお外から暖かいおうちの子になれますように・・・猫9

    ぱいんの保護主様のブログはコチラ↓
    公園の老猫と病気猫たち
    http://mei11170.exblog.jp/


    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM